<strong id="qhtcp"><button id="qhtcp"></button></strong><delect id="qhtcp"><noframes id="qhtcp">
<button id="qhtcp"></button>
<i id="qhtcp"><menuitem id="qhtcp"></menuitem></i>
<wbr id="qhtcp"></wbr>
<noframes id="qhtcp"><i id="qhtcp"></i></noframes>
<i id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></i>
<pre id="qhtcp"><delect id="qhtcp"></delect></pre><pre id="qhtcp"><delect id="qhtcp"><tbody id="qhtcp"></tbody></delect></pre>
<object id="qhtcp"><menuitem id="qhtcp"><wbr id="qhtcp"></wbr></menuitem></object><object id="qhtcp"></object>
<pre id="qhtcp"></pre>
<i id="qhtcp"></i>
<pre id="qhtcp"><strong id="qhtcp"></strong></pre><i id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></i><delect id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></delect>
<pre id="qhtcp"></pre>
<button id="qhtcp"></button>
<object id="qhtcp"></object><button id="qhtcp"><delect id="qhtcp"></delect></button>
<pre id="qhtcp"></pre><pre id="qhtcp"><delect id="qhtcp"><nobr id="qhtcp"></nobr></delect></pre><button id="qhtcp"></button>
<button id="qhtcp"></button>
<object id="qhtcp"></object><delect id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></delect><button id="qhtcp"></button><object id="qhtcp"><tbody id="qhtcp"></tbody></object>
<wbr id="qhtcp"></wbr>

TOP製品情報橫流し防止?トレサビリティシステム

    橫流し防止システム
    橫流し防止システムは、「一製品一コード」を通じて、偽造防止及び橫流し防止、マーケティング、トレサビリティなど機能を統合する。製品を迅速に流通させる同時に、コンピューター、PDA或いはAPPによって、企業のディーラー管理、橫流し情報管理、製品物流管理、市場監査管理などを実施して、橫流しの自動警告、橫流し行為の防止?斷ち切りを実現できる。そして、健全で良好な市場販売環境を営んで、ブランドのイメージを高め、市場を安定にさせる。そのほか、消費者のスキャンコードデータによって、データ分析を行い、橫流し防止を実現させる。
    製品の橫流しが企業に與える影響は?
    販売秩序混亂、地域の供給の不均衡、ブランドへの浸食、ブランドイメージへのダメージ、企業利益への影響、管理困難?チャネルブロック、ブランド名譽の下げ、価格システム混亂
    橫流し防止システム機能
  • 権限管理
    管理が基準化、より安全になる。
  • エージェント管理
    本社及び省、市、區の4つの製品流れへの制御を実現できる。
  • オーダー管理
    ペーパーレスオフィス、オンライン注文を実現できる。
  • 物流管理
    製品の生産から販売完了までのライフサイクル全體のトレーサビリティを実現できる。
  • 倉庫管理
    管理が基準化、より安全に。
  • データ統計管理
    情報をEXCEL、畫像に纏めて、可視化になる。
  • 製品管理
    製品毎にID番號を付けて、各製品のライフサイクルの追跡を実現できる。
  • 橫流し監査管理
    橫流し現象が発生したら、「メッセージ又はシステム」からのご注意が自動的に示す。
    橫流し防止システムのデータ管理プロセス
    ステップ1は、橫流し防止管理システムを確立し、バーコードとQRコードラベルを使用して製品データを管理する。
    ステップ2は、製品毎にID番號を付けて、1対1のデータ関連付けを確立し、地域によるデータ管理を行う。
    ステップ3は、各製品、梱包箱、パレットにラベルを付け、関連するコードセットを管理する。
    ステップ4は、手動又は自動設備にラベリング、オンラインコーディングを実行し、データ定義に従って製品を配布する。
    ステップ5は、製品の入出庫には、データを自動的、正確的に収集する。製品の流れ方向がタイムリーに把握られ、全方向にデータ監視を行い、製品を追跡できる。
    ステップ6は、橫流し防止システムは、ディーラーからの照合、監査からの照合、消費者からの照合を提供し、製品の流通エリアを迅速に取得できる。
    橫流し防止システムの物流管理の運用プロセス
  • ラベルセット管理
    橫流し防止管理システムを確立し、バーコードとQRコードラベルを介して製品毎にIDコードを付ける。パレット、箱および製品の1対n式のラベルセット管理を実現する。
  • ラベル貼り
    手動又は自動設備にラベリング、オンラインコーディングを実行し、データ定義に従って製品を配布する。
  • データ収集
    製品の入出庫には、データを自動的、正確的に収集する。製品の流れ方向がタイムリーに把握られ、全方向にデータ監視を行い、製品を追跡できる。
  • 橫流し監査
    橫流し防止システムは、ディーラーからの照合、監査からの照合、消費者からの照合を提供し、製品の流通エリアを迅速に取得できる。
    橫流し防止システムのラベル貼り付けの方式
  • 手動的なラベル貼り付け
    組立ラインのない作業環境に適しており、生産から梱包まではすべて人工作業である。
  • 自動的なラベル貼り付け
    組立ラインのある作業環境に適する。作業開始後、ラベリングマシンが自動的に製品にラベルを貼付する。
  • スプリング式?レーザーマーカー式
    あらゆる生産ラインと合致させることができ、食品、建材、日常生活用品とその他の識別が必要な業界で広く使用されている。
    橫流し防止システム実施のサポート裝置
    ハードウェアに関連するソフトウェアサービスを提供できる。
  • 有線スキャナー

    入力デバイスとしてコンピュータに接続して入力設備として使える。価格が安く、コストパフォーマンスが優れる。

  • 無線スキャナー

    ワイヤレスネットワーク接続が可能。いつでもどこでも入出庫のスキャンができ、スキャンスピードが速い。

  • 固定スキャン設備

    コードをオンラインで付けらられるため、労力が節約され、効果がより高くなる。

    偽造防止システムプラットフォームのメリット
  • プラットフォームの先進性
    クラウドテクノロジーとビッグデータに基づく分散的なアーキテクチャである。コピー不可能な偽造防止、セキュリティ、トレーサビリティを統合している特許テクノロジーがあるシステムである。
  • プラットフォームの親和性
    AlibabaCloudのネットワークをベースにして、ほぼすべての一般的に使用されるコーディングシステムと互換できる。統一されたデータ形式とインターフェイスである。
  • プラットフォームの実用性
    PC端末、モバイルAPP、PDA、タブレット、オールインワンマシン、およびその他の実用的な運用ソリューションを提供する。
  • プラットフォームのセキュリティ
    安全性と安定性の両方が國の基準を満たし、非常に権威がある。偽造品が出現した場合、それらは法的責任を負う。
亚洲精品无码
<strong id="qhtcp"><button id="qhtcp"></button></strong><delect id="qhtcp"><noframes id="qhtcp">
<button id="qhtcp"></button>
<i id="qhtcp"><menuitem id="qhtcp"></menuitem></i>
<wbr id="qhtcp"></wbr>
<noframes id="qhtcp"><i id="qhtcp"></i></noframes>
<i id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></i>
<pre id="qhtcp"><delect id="qhtcp"></delect></pre><pre id="qhtcp"><delect id="qhtcp"><tbody id="qhtcp"></tbody></delect></pre>
<object id="qhtcp"><menuitem id="qhtcp"><wbr id="qhtcp"></wbr></menuitem></object><object id="qhtcp"></object>
<pre id="qhtcp"></pre>
<i id="qhtcp"></i>
<pre id="qhtcp"><strong id="qhtcp"></strong></pre><i id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></i><delect id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></delect>
<pre id="qhtcp"></pre>
<button id="qhtcp"></button>
<object id="qhtcp"></object><button id="qhtcp"><delect id="qhtcp"></delect></button>
<pre id="qhtcp"></pre><pre id="qhtcp"><delect id="qhtcp"><nobr id="qhtcp"></nobr></delect></pre><button id="qhtcp"></button>
<button id="qhtcp"></button>
<object id="qhtcp"></object><delect id="qhtcp"><xmp id="qhtcp"></xmp></delect><button id="qhtcp"></button><object id="qhtcp"><tbody id="qhtcp"></tbody></object>
<wbr id="qhtcp"></wbr>